タイの政府系航空会社、タイ国際国空が2日発表した2019年12月期の連結決算は最終損益が120億バーツ(約415億円)の赤字だった。3期連続の最終赤字となる。事業改善を進めているが、成果が出ていない。今期は新型コロナウイルスの感染拡大で旅行需要が大幅に減退しており、厳しい見通しが続く。