KrASIAの27日報道によれば、東南アジアのライドシェア・配車最大手グラブはベトナムの有力スタートアップ企業に投資し育成するプログラムを始める。モビリティやフィンテック、ロジスティクス、ネット通販、AI(人工知能)などの分野が対象になるという。ベトナムは東南アジア諸国のなかでもエンジニア人材が豊富な国として知られる。