インドネシア政府は新型コロナウイルスの拡大で打撃を受けている観光、航空、住宅関連業などに対する救済策を発表した。観光客に人気のあるエリアのホテルやレストランに対し税払いを免除したり、国営エネルギー大手のプルタミナによる燃料価格を引き下げたりする。総額7億4200万ドル規模の対策を実施する。スター・オンラインなどが25日報じた。