ベトナム航空は100機を上限にボーイングから小型旅客機ボーイング737MAXを購入する計画を進めている。スターオンラインが25日報じた。2020年から2030年にかけて就航する見通し。同社はホーチミンから米国西海岸の都市に新規路線を開業する見通しで、ボーイングとエアバスのどちらかから大型旅客機を購入する計画もある。ボーイング製の大規模導入により、両社間の競争をより促して大型機機の購入コストを下げようとする狙いもあるようだ。