格安航空会社タイ・エア・アジアの主要株主であるアジア・アビエーションは、同業でタイ国際航空が出資するノック・エアの株式を取得する考えだ。目標とする取得株式数は明らかにしていない。タイは海外からの観光客が増えているが、同時に競争も激化しており、ノック・エアは2015年以来、利益が出ない状況が続いていた。25日、ロイター通信やバンコクポストなどが報じた。