東南アジアの格安航空会社(LCC)最大手、エアアジアは、日本のエアアジア・ジャパンの破綻により7410万ドルの損失を認識した。また日本からマレーシアに3機の航空機を移動する費用や、日本での登録抹消に関連する費用として518万ドルを負担する必要があるとの認識を示した。2月24日、スター・オンラインが報じた。