経営難に直面しているマレーシア航空の親会社、マレーシア航空グループ(MAG)は。このほど英国の裁判所から債務整理の認可を得た。これにより政府系ファンドのカザナ・インターナショナルから36億リンギット(約940億円)の資本支援を受けることできるようになった。2月23日、スター・オンラインなどが報じた。