インド財閥タタ・グループは、同国で食料雑貨のネット通販「ビッグバスケット」を運営するSupermarket Grocery Suppliesの過半の株式を取得する。同社に出資している中国アリババ集団などから株式を買い取る見通し。インドの食料雑貨分野のネット通販は急成長が見込まれ、米アマゾン・ドット・コムやリライアンス、米ウォルマート傘下のフリップカートなど大手がしのぎを削っている。ビジネス・スタンダードが2月17日に報じた。