印タタ・モーターズ傘下のジャガー・ランドローバーが来年度にも2000人前後の従業員を解雇することを計画している。2月18日、AFPが報じた。ジャガーランドローバーは2019年度に4万人の従業員を雇用していた。2039年までに二酸化炭素のネット排出量をゼロにする目標を掲げており、事業全体の見直しを進めていた。