プノンペン・ポストなどによれば、欧州連合(EU)は12日、カンボジアに対して与えていた貿易の優遇措置を取りやめることを決めた。同国のフン・セン首相が独裁色を強めていることなどが問題視された。カンボジアの主要産業である縫製業がこれにより大きな打撃を受ける恐れがある。足元でカンボジアの縫製業は中国で拡大する新型コロナウイルスの影響も受けており、同国からの素材調達が困難になりつつある。カンボジアは経済苦境を背景に今後中国への依存度合いをさらに強める可能性がある。