ゲーム関連機器大手米レイザーの共同創業者で、シンガポールの著名な実業家であるLim Kaling氏は少数株主として参画していたミャンマーのタバコ会社バージニア・タバコ・カンパニーへの出資を引き上げることを明らかにした。同社にはミャンマー国軍が経営する企業が主要株主に名を連ねており、ミャンマーの人権関連組織が問題視していた。2月9日、スター・オンラインが報じた。