タイの大手銀カシコン銀行がベトナムに進出し、南部の商業都市ホーチミンに支店を開く。2月8日、バンコク・ポストが報じた。ベトナムに投資する動きが出ており、タイ企業も注目していることが背景という。タイではサイアム商業銀行が昨月ミャンマーに支店を開き、2019年にはバンコク銀行がインドネシアの銀行を買収するなど、東南アジア各国に進出する動きが続いている。