タイ飲料最大手のタイ・ビバレッジは「チャーン」などのブランドを展開するビール子会社ビアコをシンガポール証券取引所に上場させる。上場する株式は持ち株の20%になるもよう。東南アジアのビール事業は成長の余地があるとみており、上場で得た資金によって海外展開を加速。グループの財務改善にも充てる計画だ。