インド政府が進める国営航空エア・インディアの売却計画に対し、同国大手財閥のタタ・グループが入札で応じる方針だ。同社はエアアジア・インディアの株式を50%保有し、エア・インディア・エクスプレスの100%株式も所有している。各社とエア・インディアとの経営統合を画策していると見られる。4日、タイムズ・オブ・インディアが報じた。