新型コロナウイルスの拡大を背景に観光業が大きな痛手を被っているタイでは、政府が観光関連業者に対する救済策を模索している。納税期限の延長や控除の拡大、ローンの提供、航空会社の燃料税の減免などがメニューに並ぶ。4日、バンコク・ポストが報じた。ただネーションは同日、新型コロナウイルスは観光業だけでなく、農業や製造業にも悪影響を及ぼしつつあると指摘した。