タイ国営でエネルギー最大手のPTT(タイ石油公社)は、英石油メジャーのBPからオマーンにあるガス田の権益の一部を26億ドルを投じて買収する。バンコク・ポストが2月1日に報じた。買収するのは第61鉱区の権益の20%に当たる。同区はBPがオマーンに保有する最大の資産で、1日当たり150億立法フィートのガスを産出するという。