ミャンマーのアウン・サン・スー・チーや同氏が率いる与党、国民民主連盟(NLD)の幹部らが、2月1日、国軍に拘束された。同日、ロイターがNLDの広報担当者の話として伝えた。国軍は昨年11月に実施された総選挙で大規模な不正があったと主張。大勝を果たしたNLDとの対立が深まっており、クーデーターの恐れが強まっていた。国軍からの発表は現状ではないという。