ベトナム・ニュースの2月1日報道によれば、同国の格安航空会社(LCC)、ベトジェットが1月31日発表した2020年の連結決算は、税引き後利益が700億ドン(約300万ドル)だった。前の期比98%減と苦戦したものの、新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が大きく低迷するなかでも黒字を確保した。旅客機を貨物機に転用するなどして物流需要を捉えたことが黒字に貢献したとベトナム・ニュースは指摘している。