スターオンラインの30日の報道によると、マレーシアの証券委員会は大手監査法人デロイトトウシュトーマツのマレーシア法人に罰金を課す方針だ。不正流用疑惑のある政府系ファンド「1MDB」の債券発行に関連し、その不正を報告していなかったことが問題視されている。