インド政府は近く50を超える製品の関税を引き上げる方針だ。輸入額の560億ドル相当に当たる。電気製品や化学、縫製品、家具など幅広い製品が対象になる見通し。国内産業の保護、活性化が目的という。インドは米国と通商摩擦が続いているが、関税引き上げの対象になる製品は中国など各国から輸出されている。ビジネス・スタンダードなどが24日報じた。