タイ工業連盟の22日発表によれば、2019年のタイの自動車販売と輸出の合計は約201万と、前の年比で7.7%減少した。国内販売、輸出とも振るわなかった。国内では自動車ローンの厳格化が足を引っ張った。輸出は世界経済の減速やバーツ高が響いた。