シンガポールとニュージーランド、チリの3カ国はデジタル貿易協定である「デジタル経済パートナーシップ協定」の交渉をこのほど妥結した。インターネットを利用したデータ移転を伴う取引などが含まれ、デジタル貿易のルールやガイドラインの共通化などが盛り込まれている。23日、ストレーツ・タイムズなどが報じた。