経営再建中のマレーシア航空に対し、エアアジアやインドネシアLCC大手のライオン・エアに加え、日本航空とエールフランス‐KLMも出資に名乗りを挙げているようだ。日本航空はマーレーシア航空の25%程度の株式を取得することを目指しているのに対し、エールフランスーKLMは49%程度の取得を目指している模様だ。21日、スター・オンラインが報じた。