韓国のサムスン・ディスプレイはインドで5億ドルを投じ新規工場を建設する。親会社サムスン電子が同国でスマートフォンの生産を拡大しているのに合わせた動きと見られる。サムスンはインドでもVivoやOPPOなど中国勢との競争を迫られており、サプライチェーンを盤石にして競争力の強化を図る考えだ。ロイター通信が20日報じた。