インド国営企業のバーラト重電機は、首都デリーから北部の都市チャンディーガルを結ぶ250kmの高速道路の各地に、EV(電気自動車)向け充電拠点を配置する。インド政府が掲げるEV普及政策の一環という。17日、PTI通信が報じた。