アジア太平洋地域でサイバー攻撃に対する関心が高まっていることを受け、米大手データ通信企業センチュリーリンクは顧客企業へのサイバー攻撃を検知・通知するセキュリティオペレーションセンターをシンガポールに設立する。東南アジア地域では初の拠点となる。ストレーツタイムスが17日報じた。