中国の建設会社チェン・チン・タイはカンボジアの首都プノンペンの国有地を開発する権利を獲得した。庁舎などを建設する。クメールタイムズが15日報じた。同国ではプノンペンと港湾都市シアヌークビルとを結ぶ高速道路も中国の建設大手が手がけることが決定しており、中国企業の存在感が高まっている。