インドの自動車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)が北米事業で全従業員の半数以上を解雇した。ロイターが1月13日、複数の関係者の話として報じた。解雇された従業員の正確な数は把握できていない。2020年初めには少なくとも500人以上の従業員が雇用されていたという。M&Mは事業ポートフォリオの見直しを進めており、今回の削減もその一環とみられている。