ロイター通信は13日、複数の関係者の話として、米小売大手ウォルマートがインド事業で53人の管理職を解雇したと報じた。シニア・マネージャーやそれ以下のクラスの人材という。ウォルマートはインドで卸売り事業を拡大させる計画だったが、その見直しに着手している可能性がある。同社はインドのネット通販大手フリップカートを傘下に抱えており、EC(電子商取引)により注力していく見通しだ。