ブルームバーグの11日報道によれば、インドのデカコーン企業として知られるOYOホテルズが中国とインドで合計数千人規模のリストラを実行している模様だ。OYOはソフトバンク・グループのビジョン・ファンドの出資を後ろ盾に急速に事業を拡大してきた。ただビジョン・ファンドが投資先企業の財務状況を厳格に評価するのようになったため、業容を見直しや事業効率化を迫られれているとみられる。