経営難に直面しているマレーシア航空の親会社、マレーシア・アビエーション・グループ(MAG)は2021年第1四半期末にも債務再編プロセスを終わらせることができるとの見通しを示した。ロイターが1月8日報じた。MAGに出資するマレーシア国営のファンドは、MAGが再編計画に失敗した場合、資金提供を打ち切り企業を解散させる考えを示していた。