ストレーツ・タイムズは1月6日、米ムーディーズのレポートを引用し、東南アジアの配車大手グラブのEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)が2023年以前に損益分岐点を超える可能性は薄いと報じた。グラブの成長は続いているものの、金融サービスなど新事業への投資によって収益の伸びが抑えられるという。