マレーシアとシンガポールの両政府は、国境をまたいだ高速鉄道計画を白紙撤回することを決めた。1月2日、両政府の発表をスターなど各紙が報じた。マレーシアの首都クアラルンプールとシンガポールとの間を1時間半で結ぶ計画だったが、財務負担の重さが課題になっていた。新型コロナウイルスの感染拡大が追い打ちとなり、実現可能性が見いだせなくなったという。