1. TOP
  2. バンコク支局
グローバルダイジェスト
バンコク支局
?
  • 米グーグルとアップル、59の中国製アプリについてインドのストアから排除

    米グーグルと米アップルは59の中国製アプリについてインドのアプリストアから削除した。既に中国バイトダンスが開発するTikTokは削除されていたが、テンセントのWeChatなど他のアプリについても同様にストアからダウンロードできなくなったもようだ。7月2日、ビジネス・スタンダードなど各紙が報じた。印中関係の悪化を機に、インド当局はこれらのアプリが国の安全保障や主権にとって有害と判断し禁止した。グーグルとアップルは当局の要請に従ったものと見られる。

    2020.07.03 12:43
  • マレーシア自動車大手プロドゥア、第3の国産メーカー立ち上げに協力

    マレーシアの国産車メーカーのプロドゥアと政府は3社目となる国産車メーカー立ち上げについて協議を進めている。7月2日スターが報じた。この国産車構想はマハティール前首相が進めていたが、新政権でも引き継がれる見通し。電気自動車(EV)など次世代自動車の開発に取り組むと見られる。

    2020.07.03 12:42
  • ミャンマー、11月に総選挙を実施

    ミャンマーの連合選挙委員会(UEC)は11月8日に総選挙を実施すると決めた。7月2日、イラワジが報じた。民政下で実施される選挙としては1960年以来という。アウン・サン・スー・チー氏が率いるNLDを含む94の政党が参加する見通し。最近では軍が影響力を再び高めており、NLDが苦戦するとの見方が出ている。

    2020.07.03 12:40
  • タイ、今年中のTPP加入申請は困難

    バンコク・ポストは7月2日、タイが今年中にTPP(環太平洋経済連携協定)への加入について正式に申請することは難しいとの当局幹部の見通しを報じた。TPP加入によりメキシコやカナダなどタイがFTAを結んでいない国との貿易活性化などが見込めるものの、農業分野が大きな打撃を受けるとの懸念が強まっており、政府は改めて意見調整することを迫られている。

    2020.07.02 13:10
  • 印マルチ・スズキ、6月の自動車販売数が半減、インド失業率は改善

    タイムズ・オブ・インディアの7月1日報道によれば、インド自動車最大手マルチ・スズキの6月の販売台数は約5万7000台と前年同月比で54%減少した。新型コロナウイルスがインド経済の足を引っ張っていることが主因。ただビジネス・スタンダードは同日、インドの6月の失業率が11%と5月の23.5%からは縮小したと報じ、最悪期は脱した可能性があると指摘している。

    2020.07.02 13:08
  • インド、高速道路建設で中国企業の排除を検討

    インドは高速道路の建設事業で中国企業を排除することを検討している。インド企業との合弁会社であっても認めない方針という。ビジネス・スタンダードが7月2日、当局幹部の話として伝えた。入札条件を見直し、インド企業が単独で入札しやすい形にするという。インドと中国は国境紛争を機に関係が急速に悪化している。

    2020.07.02 13:06
  • 米グーグルと米アップル、インドのアプリストアからTikTokを排除

    6月30日のタイムズ・オブ・インディアの報道によれば、米グーグルと米アップルはそれぞれインドのアプリストアから中国バイトダンスが運営するアプリTikTokを削除した。中国との関係悪化を受けインド政府はこのほど中国製のアプリを禁止しており、両社は政府の要請に従ったと見られている。TikTokはインドでも人気のアプリとして知られている。

    2020.07.01 13:10
  • インド製造業、中国とのサプライチェーン分断に懸念

    印中関係悪化を受けインド政府は中国からの輸入削減を検討しているが、インド産業界からはこれを懸念する声が相次いでいる。特に自動車関連に対する影響が強く、完成車メーカーや部品関連メーカーで構成される複数の業界団体が不安視している。「中国からの輸入が滞れば自動車製造業が大きなダメージを受ける」、「新排ガス基準への対応が難しくなり、電気自動車(EV)生産も立ち遅れる」といった見方が出でいる。6月30日、タイムズ・オブ・インディアが報じた。

    2020.07.01 13:08
  • 今年上半期のM&Aは低調もアジア太平洋地域の落ち込みは限定的

    米ブルームバーグの6月30日報道によれば、2020年上半期に実施されたM&Aの総額は前年同期で半減した。欧州債務危機以来の低水準という。特に落ち込みが厳しいのが米国で69%減少した。一方、アジア太平洋地域は底堅く、7%減に留めた。この地域のテクノロジーやメディア、通信産業での取引きに限ってみれば13%増加したという。

    2020.07.01 13:06
  • パキスタンで証券取引所が襲撃受ける

    パキスタン南部で6月29日朝、自動小銃や手榴弾で武装した4人の武装集団が証券取引所を襲撃した。1人の警官と4人の警備員が襲撃により死亡し、複数のけが人が出ている。4人の武装集団は治安部隊により殺害された。パキスタン当局は南西部バルチスタン州の分離独立を主張する武装組織が反抗声明を出したと明らかにしている。タイムズ・オブ・インディアやBBCなど各メディアが報じた。

    2020.06.30 14:01
  • インド政府、中国アプリを禁止

    インド政府は6月29日、59の中国製スマホアプリを禁止した。バイトダンスのTik TokやテンセントのWeChatなど著名なアプリが多数含まれている。印中関係の悪化を受けたもので、インド当局はこれらのアプリがインド国民の個人情報を流出させている懸念があるとした。同日、ビジネス・スタンダードなど各紙が報じた。

    2020.06.30 13:44
  • バンコク、非常事態宣言を1カ月延長

    バンコク・ポストなどの6月29日報道によれば、タイ政府は同日、首相に権限を集中させる非常事態宣言の期限を6月末から7月末まで延長すると明らかにした。タイで新型コロナウイルスの感染は拡大していないが、人の移動に対する許可を円滑に進めていくには必要な措置だと当局は説明している。一方で、権力が首相に集中する期間が長引くことを懸念する見方も出ている。

    2020.06.30 13:43
  • タイLCCのノックスクートが破綻

    タイの格安航空会社(LCC)ノックスクートの経営陣は6月26日、会社を清算することを決めた。同日バンコク・ポストなど各紙が報じた。2週間以内に開かれる株主総会で発表するという。450人の従業員は解雇される見通し。2014年に設立されたノックスクートは事業開始当初から不振が続いており、新型コロナウイルスによる旅客需要の急減に耐えられなかった。タイの航空会社の破綻はタイ航空に続き2社目となる。

    2020.06.29 13:05
  • 経営破綻の豪航空大手ヴァージン、米ペインが買収合意

    米ブルームバーグの6月26日報道によれば、経営破綻したオーストラリアの航空大手ヴァージン・オーストラリア・ホールディングスに対し、米投資ファンドのベインキャピタルが買収することで合意した。競合していた米バイアウトファンドのサイラス・キャピタル・パートナーは入札を取り下げた。既存株主であるシンガポール航空やエティハド航空なども承認する見通しだという。

    2020.06.29 13:03
  • シンガポールの保険大手とマレーシア通信大手が資本業務提携

    シンガポールの保険・金融サービス大手のグレート・イースタンはマレーシアの通信大手アシアタと提携し、同社のデジタル金融サービス事業に7000万ドルを出資する。マイクロファイナンスやマイクロ保険サービスのデジタル化などで協業する見通しだ。6月27日、ストレーツ・タイムズが報じた。

    2020.06.29 13:01
  • フィリピン中銀が事前予想を上回る利下げ

    フィリピンの中央銀行は6月25日、政策金利を0.5ポイント引き下げると発表した。これを報じたブルームバーグによれば、利下げ幅はエコノミストらによる事前予想を上回ったという。新型コロナウイルスの感染拡大と、これに対応するための封鎖措置によりフィリピン経済は停滞しており、2020年のマイナス成長は避けられない見通しだ。

    2020.06.26 12:41
  • 中国ネット大手テンセント、マレーシアの動画配信企業を買収

    ロイターなどの6月25日報道によれば、中国インターネット大手のテンセントがマレーシアで動画配信サービスを手がけるアイフリックスを買収した。買収額は非公表だが、数千万ドル規模という。テンセントは東南アジアでの事業拡大を目指しており、今回の買収はその戦略の一環。ニュー・ストレーツ・タイムズによればアイフリックは東南・南アジアで各国で事業展開している。

    2020.06.26 12:39
  • インドのユニチャーム工場で火災

    インド西部グジャラート州にあるユニ・チャーム子会社の工場で6月24日、火災事故が発生した。同社発表によれば約300人いる社員に被害は出ていない。ロイターの報道によれば設備にはかなりの被害が出ているという。原因は調査中。

    2020.06.26 12:38
  • ミャンマーで中国主導の深海港建設が近く開始

    イラワジは6月24日、ミャンマー西部のチャオピューで中国主導の深海港建設が間もなく開始されると報じた。チャオピューには中国雲南省と結ぶ原油パイプラインが既に稼働しており経済特区の開発計画も進む。中国との対立を深めるインドと近い場所にあるため、インド側は開発状況に神経を尖らせている。

    2020.06.25 12:24
  • ミャンマー大手財閥、スマホ決済合弁会社を子会社化、アリババ集団と連携

    イラワジなどの6月24日報道によれば、ミャンマーの大手財閥ヨマ・グループが国内スマートフォン決済大手デジタル・マネー・ミャンマーの51%の株式を取得する。デジタル・マネーはヨマとノルウェーの通信大手テレノールの合弁会社で、今回の取引によりヨマがテレノールの保有分を買い取る。さらにデジタル・マネーはアリババ集団傘下でスマホ決済を手掛けるアント・フィナンシャルの出資を受け入れる。

    2020.06.25 12:23

その他の支局

あなたにおすすめ

  • は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    は、日経ビジネス電子版の有料会員のみご利用できます

    全ての記事が読み放題

    有料会員限定記事10,000以上が読み放題

    雑誌7年分350冊が読み放題 e.t.c

    は、日経ビジネス電子版の会員のみご利用できます

    週刊ビジネス誌で28年連続 読者数No.1

    各業界に精通した記者50名超が独自取材

    1500社以上の企業事例

    ※日本ABC協会2018年度認証部数(ビジネス分野)

    フォロータグ一覧
    キャンセル

    [誌面ビューアー]雑誌のビジュアルなレイアウトをウェブでも

    「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [クリップ機能]お気に入りの記事を保存しよう

    「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    有料会員限定

    [有料記事の閲覧]登録会員(無料)でも一定本数読める

    日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員

    [コメント投稿]記事対する自分の意見を書き込もう

    記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み

    [記事への評価]参考になったかどうかを読者が投票

    記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上

    [連載フォロー]気になる記事の続きを見逃さない

    「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む

    ご利用条件:
    登録会員以上かつリゾーム登録済み