米マイクロソフト(MS)は米国時間2月7日、検索エンジン「Bing」に対話型のAI(人工知能)を搭載すると発表し、プレビュー版を同日から公開した。「ChatGPT(チャットGPT)」の開発元である米オープンAIの技術を使って、チャット形式でインターネット検索が可能になる。「グーグルキラー」とも呼ばれる新機能の実力やいかに。検索とAIの部門で責任者を務めるディヴィヤ・クマー・グローバルヘッドオブマーケティングが日経ビジネスの独占インタビューに応じ、「人々の検索への関わり方を劇的に変える」と語った。

 「グーグルキラー」の登場か──。米マイクロソフト(MS)が刷新した検索エンジン「Bing」が米国で早くも注目の的になっている。「インターネット検索の再発明」とまで呼ばれ始め、米グーグルが築き上げた牙城を攻略するとの声も上がる。

対話型AIによる検索の発表会で登壇した米マイクロソフトのサティア・ナデラCEO(最高経営責任者)。背景が刷新したBingの検索画面
対話型AIによる検索の発表会で登壇した米マイクロソフトのサティア・ナデラCEO(最高経営責任者)。背景が刷新したBingの検索画面

 新しいBingは通常の検索結果に加えて、AIチャットボットによる回答を表示する。回答に対してチャット形式で追加の質問をすることもできる。まさに「ChatGPT」のようなチャットボットがネット検索に組み込まれた形だ。

 例えば「9月に結婚記念日の旅行を計画しているが、羽田か成田から3時間以内で行けるいい場所を教えて」と検索窓に打ち込むと、下図のように右側にAIによる旅行先の提案が表れる。ChatGPTと異なり、AIの回答には参照元も表示される。クリックして参照元を見れば、情報が正しいのかどうか利用者がチェックしやすい。

刷新したBingの検索結果。画面右側にAIによる回答が追加された
刷新したBingの検索結果。画面右側にAIによる回答が追加された
[画像のクリックで拡大表示]

 MSによれば、新しいBingはChatGPTよりも強力な大規模言語モデルを使っている。米オープンAIが開発した次世代モデルだ。このモデルをネット検索に最適化するため、MSは独自技術を開発。「プロメテウス」と呼ぶこの技術を組み合わせることで、より関連性が高い検索結果を表示できるようになった。

 MSはインターネットブラウザーの「Edge」も刷新した。AIによる要約機能などを盛り込んだ。例えばEdgeを使って企業の膨大な量の決算説明資料を開き、チャットでAIに要約を依頼すると、決算の要点を箇条書きでまとめる。

 MSのサティア・ナデラCEO(最高経営責任者)は7日の発表会で、過去のプラットフォームの移行について振り返った。1度目はパソコンとサーバーの発明、2度目は携帯電話とクラウドの発明だとした上で、「AIはどのようにウェブを作り変えるだろうか。この技術は、ほぼ全てのソフトウエアを再編成するだろう」と予測した。

 Bingが注目を集めるのは、チャットボットAIとの統合で、従来のインターネット検索の方法が一変する可能性があるからだ。MSはAIをネット検索の「コパイロット(副操縦士)」と呼ぶ。副操縦士は我々にどんな景色を見せるのか。MSで検索とAIの部門で責任者を務めるディヴィヤ・クマー・グローバルヘッドオブマーケティングが日経ビジネスのインタビューに応じた。



対話型AIによるインターネット検索は、消費者の行動をどのように変えますか? メディアでは「ネット検索の再発明」というキーワードも飛び出しています。

ディヴィヤ・クマー氏:私たちがこの開発を始めたときに理解しようと努めたのは、「消費者に対して我々が解決できる課題は何か」という点でした。質問の通り、消費者の行動に焦点を当てたのです。

 私たちはインターネット検索における消費者の質問を3つに分類しました。1つは「ナビゲーショナル・クエリ」と一般に呼ばれるものです(編集部注:特定のサイトや情報にアクセスしたいというユーザーの明確な意図があるもの)。例えばスポーツの試合結果が知りたい、明日の天気が知りたいという質問ですね。

米国時間2月8日に取材に応じたマイクロソフトのディヴィヤ・クマー氏。MSの検索とAIの部門でマーケティング責任者(Global Head of Marketing for Search & AI)を務める
米国時間2月8日に取材に応じたマイクロソフトのディヴィヤ・クマー氏。MSの検索とAIの部門でマーケティング責任者(Global Head of Marketing for Search & AI)を務める

 もう1つは「答えがない質問」です。旅行を例に取りましょう。「どこに行くべきか」に答えはなく、たくさんの選択肢があります。消費者は何度も検索し様々な選択肢を探すでしょう。

次ページ 最後の3つ目の質問は…うまく検索できないもの