子どものマネーリテラシーを高める、親子の会話について考える本連載。今回のテーマは「借金」です。

 借金というと一般に、悪いイメージを持つ方のほうが多いのではないでしょうか。子どもたちも同じ。この連載を執筆するファイナンシャルプランナー(FP)の高山一恵さんが、小学生の息子さんや、その友だちなどに、お金に対する意識をヒアリングしたところ、「借金=怖い」といった声が多くあがったそうです。

 けれど、子どもたちもこれから先の長い人生できっと、借金をしなければならない場面や、借金をしたほうがいい場面に遭遇します。身近なところでは、住宅ローン。そして「住宅資金」と並び、「人生の3大資金」と呼ばれる「教育資金」や「老後資金」においても、お金を借りることが現実的な選択肢として浮上することは少なくありません。

 借金は「絶対にしてはいけないこと」ではありません。借金については、どういう場合ならばしてもいいのか、考え方を整理しておくことが大事だと、高山さんはいいます。子どもたちには、どう伝えたらいいのでしょう。今回も、夫婦ともどもFPという高山家をモデルに、FPママとFPパパ、その息子の「ヒロ」という3人家族の会話の形で、解説します。

 この連載がまとまった書籍『11歳から親子で考えるお金の教科書 子どもに年収を聞かれたら?』が、このたび発売になりました。ご興味を感じられましたら、ぜひお手にとってみてください。

(イラスト/高田真弓)
(イラスト/高田真弓)

 長い人生のなかでは教育費をはじめ、たくさんのお金がかかり、ときには銀行などからお金を借りる必要も出てきます。けれど、FP夫婦の息子のヒロは意外と保守的。借金が怖くてたまらないようで……。

ヒロ:ねえ、ママ、うちには借金ってある?

FPママ:えっ? なんで、そんなことを聞くの?

ヒロ:借金があったら怖いなあ、と思ってさ。

FPママ:そうね、借金は確かに怖いわね。でも、正直にいえば、うちも借金はしているわ。住宅ローンがあるから。

ヒロ:えーっ! ちょっとショック……。どうして借金しているの?

FPパパ:おや、ヒロはそんなに借金が怖いのか。でも、借金は悪いばかりのものでもないよ。そういえばパパも昔、奨学金を借りていたな。

ヒロ:奨学金って、なに?

FPママ大学などに進学して勉強したいけれど、そのためのお金が足りない人に、お金を貸したり、あげたりするのが、奨学金よ。子どもの教育って、すごくお金がかかるから。

ヒロ:そっかー、そうだよね。僕の塾代も高いって、ママ、ぼやいていたもんね。

FPパパ:でもさ、ヒロ。どうしてパパやママは子どもの教育にお金をかけるんだと思う?

ヒロ:うーん……。

次ページ 教育によって「生涯賃金」に差が出る