2. 合宿で運営の問題点を解明、対策を検討

 病院長、研究所長、その他理事など幹部から日ごろの運営状況などをヒアリングした上で、計画通り「合宿」を開催することとした。病院でも会社でも、職員は日常業務に忙殺され、仕事の仕方や組織風土などについて徹底した議論をする機会は極めて少ないからである。

 仕事を離れることで仕事を客観視し、時間に余裕を持って腹を割って話せる、など合宿には利点が多い。私は日本郵船やNCAで合宿を活用した経験から、その効果を実感していた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1922文字 / 全文3763文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業は甦る~社員の心に火をつける改革」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。