私たちは、株式市場の反応は企業の最も強い長期的な利益を表す優れた指標であるという前提で、企業が戦略の焦点を「種まき」から「収穫」へ、もしくはその逆へ移行した時に、株式市場の反応に違いが生じる条件を分析した(注1)。この分析により、私たちは5つの重要な洞察を得た。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6915文字 / 全文8257文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「マネジメント・アンド・ビジネス・レビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。