2022年10月14日の国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会に合わせ、気候変動対策を求めるデモ(写真=AFP/アフロ)
2022年10月14日の国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会に合わせ、気候変動対策を求めるデモ(写真=AFP/アフロ)

資本主義が我々にもたらすものは繁栄か、脅威か。近著『資本主義の再構築:公正で持続可能な世界をどう実現するか』(日本経済新聞出版)を基に、米ハーバード大学のレベッカ・ヘンダーソン教授が考察する。本稿はまず、その総論を概説する前編である。

 資本主義は人類の偉大な発明の1つである。

 実際に、資本主義は繁栄・革新・自由を促進する動力源として、これまで何十億人もの人々を貧困から救い出してきた。例えば、1910年には極度の貧困状態にある人々の数は17億5千万人にも達していたが、現在では、その数は(世界の人口が3倍以上に増えたにもかかわらず)7億人程度にまで減少した。

 また、50年代には人口の半分が1日2ドル以下で生活していたが、現在ではその数はわずか13%に減少している。さらに、1820年には世界人口の43%が5歳未満で死亡していたが、現在ではその数はわずか4%である。

 その一方で、社会的不平等もまた、1920年代以降に見られなかったレベルにまで上昇している。例えば、米国と英国において所得分配の最下層に位置する人々は、過去20年間で大幅な賃上げを一度も受けなかった。

 社会的流動性も劇的に低下し、今日生まれた子どもがその両親よりも将来、多くの収入を得る確率は、今や50%未満となった。さらに世界中で、少数民族は経済活動から疎外され続けている。例えば米国では、ヒスパニック系の人々の平均世帯収入の中央値は白人の70%であり、黒人に至っては50%未満にとどまる。

 地球温暖化も深刻である。地球温暖化を放置すると気候が不安定になり、世界の食糧供給が圧迫され、沿岸都市の多くが浸水し、何百万人もの人々が移住を余儀なくされる恐れがある。

 世界の約800万種(※編集部注:数字は諸説あり)の生物種のうち約100万種が絶滅の危機に直面している。また、化石燃料の燃焼は人間の健康に日々甚大な損害を与え続けている。二酸化炭素排出量は、新型コロナウイルス感染症の流行の影響でわずかに減少したが、急速に元通りになりつつある。

我々が住む世界に何が起きたのか

 我々が直面する問題には原因がある。原因の1つは、我々が社会のバランスの崩壊を許容したことだ。1970年代から80年代にかけて、経済発展の方向性は、ワシントン・コンセンサスと呼ばれる自由市場の力を過信する考え方に導かれていた。

 世界銀行や国際通貨基金(IMF)などの機関は、ワシントン・コンセンサスに従って、発展途上国に対して規制緩和、民営化、国内市場のグローバル化による経済発展を押し付けるばかりで、各国内の政治・社会制度の健全性に目を向けることはなかった。

 だが90年代以降、この戦略の有効性は実証的・理論的に次第に疑問視されるようになった。

次ページ 「社会的排除」と「社会的包摂」