日本のあらゆる産業が、脱炭素社会の実現に動き出しました。きっかけは気候変動問題だけではありません。世界各国で投資マネーが「グリーンリカバリー」や「グリーン成長」を重視し、再生可能エネルギーのコストも下がりつつあります。カーボンニュートラル(温暖化ガス排出量実質ゼロ)に貢献する戦略や取り組みが見られない企業は、経済圏からはじき出され、淘汰されかねない時代になっています。

 一方で、ロシアによるウクライナ侵攻に伴い世界情勢が緊迫し、エネルギー調達の不透明感が高まっています。各企業は調達戦略の見直しを進めつつ、脱炭素の取り組みを続けるという非常に難しいかじ取りを迫られています。

 日経ビジネスLIVEでは日経BP総合研究所と共同で10月26、27、28日の3日間にわたり「激動するエネルギー戦略 脱炭素へ向けた新たな道筋とは」と題したWebセミナー(ウェビナー)を開催します。

 気候変動がもたらす経営リスクや事業環境の変化にどう対応し、逆にチャンスへと転換するのか。専門家による講演やパネルディスカッションなどを予定しています。各セミナーでは視聴者の皆様からの質問をお受けし、モデレーターも交えて議論を深めていきます。ぜひご参加ください。

■開催概要
日経ビジネスLIVE 「激動するエネルギー戦略 脱炭素へ向けた新たな道筋とは」

■日時:2022年10月26日(水)13:30~16:00、10月27日(木)13:00~17:00、10月28日(金)13:00~15:50(開場はいずれもセミナー開始10分前から)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■パートナー:アスエネ、アウディ ジャパン、ダイヘン、電通グループ、Hyundai Mobility Japan、J-POWER、パナソニックホールディングス、シーメンス・エナジー
■受講料:無料 ※事前登録制(先着順)

>>10月26日開催分の参加申し込みはこちら

>>10月27日開催分の参加申し込みはこちら

>>10月28日開催分の参加申し込みはこちら


Day1:10月26日(水)

■基調講演「エネルギー安全保障とカーボンニュートラルへの進路」
13:30~14:20

国際大学副学長・大学院国際経営学研究科教授
橘川 武郎 氏


■パートナーセッション「サプライチェーンCO2排出量の見える化・削減&SXコンサルで脱炭素経営を実現」
14:25~15:15

アスエネ執行役員 CFAO
衛藤 和也 氏

>>10月26日開催分の参加申し込みはこちら


Day2:10月27日(木)

■基調講演「グリーンテクノロジーで、日本企業に勝機はあるのか?」
13:00~14:00

日本総合研究所フェロー
井熊 均 氏


■パートナーセッション「日本に適した脱炭素の道筋とは~シーメンス・エナジーの提案(仮)」
14:05~14:55

シーメンス・エナジー
代表取締役社長 兼 CEO
大築 康彦 氏


>>10月27日開催分の参加申し込みはこちら


Day3:10月28日(金)

■基調講演「脱炭素がビジネス継続の前提に、日本企業が直面する『4つの壁』」
13:00~14:00

CDP Worldwide-Japan アソシエイト・ディレクター
高瀬 香絵 氏


■パートナーセッション「脱炭素行動の“総量”を増やしていくために」
15:00~15:50

電通ジャパンネットワーク サステナビリティ推進オフィス
dentsu carbon neutral solutionsプロジェクトリーダー
荒木 丈志 氏

電通国際情報サービス(ISID)
Xイノベーション本部 スマートソサエティセンター サステナビリティソリューション部 プロジェクトマネージャー
藤木 隆司 氏

>>10月28日開催分の参加申し込みはこちら

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。

この記事はシリーズ「激動するエネルギー戦略 脱炭素へ向けた新たな道筋とは」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。