4月に北海道・知床半島沖で発生した観光船「KAZU1(カズワン)」の沈没事故。観光を基幹産業とする斜里町にとって、1つの事業者が引き起こした事故の代償はあまりにも大きかった。失われた地域の信用。町は事故後に、どのように変わったのだろうか。

北海道斜里町の港。オホーツク海に面し、世界自然遺産の「知床」への観光が町の主要産業となっている
北海道斜里町の港。オホーツク海に面し、世界自然遺産の「知床」への観光が町の主要産業となっている

 8月中旬、知床半島へ向かう観光船事業者が集うウトロ地区を訪れた。例年であればハイシーズン真っただ中。しかし、町はどこかひっそりとした雰囲気に包まれていた。滞在中は世界自然遺産「知床」の知床国立公園内で知床連山を望める高架木道にも足を運んだ。休日であれば記念撮影を楽しむ来園者でにぎわう場所だが、記者が昼下がりに訪れた時は数人が写真撮影をしていただけだった。

 斜里町商工観光課によると、ウトロ地区にある「道の駅うとろ・シリエトク」の2022年の入館者数は2月に19年同月比を超え、3月も同水準となるなど個人客を中心に回復が進んでいた。しかし、4月以降は海難事故に新型コロナウイルスの感染拡大第7波が重なり急転直下。7月の入館者数は19年比37.3%減、宿泊者数はより深刻で同48.6%減となっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1987文字 / 全文2470文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「観光“再”立国:「数」から「質」へ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。