私は“姫”だ――。そう感じさせる都市型高級ホテルが、京都にある。フランス・パリの老舗食料品ブランド「フォション」の名を冠し、華やかな内装やスイーツが人気を博す「フォションホテル京都」だ。元は修学旅行生も泊まるお手ごろ料金のビジネスホテルだったが、ブランド力を生かした戦略で客室単価は10倍以上に一変。宿泊にとどまらない波及効果を生み出した高級食料品ブランドとのコラボとは、一体どのようなものなのか。記者が現地で体験し、その秘密に迫った。

ホテル1階の大階段。アフタヌーンティーを楽しめる2階のサロンへ導かれる
ホテル1階の大階段。アフタヌーンティーを楽しめる2階のサロンへ導かれる

 百貨店のショーウインドーから若者向けのカフェまでが軒を連ねる繁華街。ここは阪急京都線の京都河原町駅(京都市下京区)前だ。そこから南へ、河原町通を歩いて10分弱。都会の喧噪(けんそう)から少し離れた、鴨川近くに座するのが、高級志向の都市型ホテル「フォションホテル京都」だ。

 「フォション」の名前にピンとくる人も多いのではないだろうか。そう、1886年から130年以上続くフランス・パリ発の老舗食料品ブランドだ。紅茶やマカロンが有名で、日本では高島屋のデパ地下や高級スーパーの成城石井などでも一部商品の取り扱いがある。その風格で空間を統一したホテルが2021年、パリに次ぐ2号店として京都に開業した。

 ホテル正面のガラス越しには、優美な曲線を描く大階段が見える。2階まで吹き抜けとなっており、手すりや壁面の桜の花びらの装飾は空に舞い上がるようで、京都の春を思わせる。

 「……」。絢爛(けんらん)な内装に思わず見とれて黙ったまま、写真を撮ろうとスマホを掲げる客が後を絶たない。階段を上る足取りも、つい優雅になってしまう。

“姫”の気分に浸れるフォションホテル京都の客室(写真:今紀之)
“姫”の気分に浸れるフォションホテル京都の客室(写真:今紀之)

 重厚な漆黒に覆われた客室のドアを開ける。すると、マゼンタに染まる「フォションピンク」を基調とし、気品あふれる白色、金銀の彩りがちりばめられた空間が眼前に広がる。宝石かと見まごう意匠の戸棚には、メレンゲやクッキーといったスイーツがアクセサリーのように並べられている。テーブルの上にしつらえられたボックスを四方に引くと、パッケージに包まれた紅茶や砂糖がお目見えする。さながら化粧品のようだ。

 ここでは私は“姫”だ――。めくるめく美食に舌鼓を打ち、ローズピンクの西陣織のソファに包まれながらティーカップに手を添えると、そんな甘やかな気分に浸ってしまう。乙女心をくすぐるサプライズに、記者のほおもピンクに染まる。

 パリの香りをまとうこのホテル、実はかつて、相鉄グループのビジネスホテル「ホテルサンルート京都」だった。17年、不動産投資などを手掛けるウェルス・マネジメントが買収。そこへ、ブランドの名を冠したホテルの日本進出を模索していたフォションのホテル部門、FAUCHON HOSPITALITY(フォション ホスピタリティ)が目を付けた。

ビジネスホテル「ホテルサンルート京都」だった当時の客室(写真提供:ウェルス・マネジメント)
ビジネスホテル「ホテルサンルート京都」だった当時の客室(写真提供:ウェルス・マネジメント)

 京都への旅行客に多い50代女性をメインターゲットに、フォションのブランド力を生かせば集客力が高まるのではないか――。しかも、ウェルスの手に入れたホテルはフォションの店舗が入っている京都タカシマヤや、清水寺などの観光地に近い好立地。10階建てで窓からは東山も望める。両社は共鳴し、そんなビジネスホテルに“魔法”をかけ、高級ホテルへと“変身”させた。

次ページ 既存ホテルにかけた“魔法”とは