2022年8月に逝去した京セラ創業者の稲盛和夫氏。「どうすれば会社経営がうまくいくのか」という経営の原理原則をまとめた「経営12カ条」を自身の言葉で解説する書籍の発行準備を進めていた。同書の内容を基に、稲盛経営の集大成ともいうべき12の経営の原理原則を一つずつ紹介していく。今回は第8条「燃える闘魂」。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 素晴らしい生き方を示し、素晴らしい人間性で対する。そうすれば、相手も心を打たれ、そういう生き方を返してくれるはずです。経営者として、社員はもちろん、会社を取り巻くすべての人たちを感化し、変えていくというほどに善きことを思い、善きことを行わなければなりません。そうすれば必ずめぐりめぐって自分に返ってくる。それが世の真理なのです。

 しかし、誤解をしてはなりません。心を高めることが大切ですが、単に「きれいな心を持てばよい」という話ではありません。やさしく美しい心だけでは、採算をとる厳しさや不況に立ち向かう気概が不足し、企業を成長発展させていくことができないからです。厳しい不況のなかでも、「何としても売上をあげ、利益を確保していくのだ」という、凄まじい気概がなければなりません。

『経営12カ条 経営者として貫くべきこと』(稲盛和夫著、日経BP 日経新聞出版)
『経営12カ条 経営者として貫くべきこと』(稲盛和夫著、日経BP 日経新聞出版)

 これは一企業の経営にとどまらず、閉塞感漂う日本経済の再生に関しても同じです。現在の日本を取り巻く状況を打破し、再び成長軌道に戻ろうとするなら、ひとりひとりの経営者が凄まじいまでの闘争心を持つことが不可欠であると私は考えています。

 このことを理解していただくために、少し昔の私の文章を紹介させていただきます。これは、1991年12月に発行した京セラの社内報の巻頭言です。1991年といえば、京セラも創立32年目を迎え、大企業病が危惧されていたときです。

 「京セラ社員よ、闘争心を持て」と題した巻頭言で私は、社員たちに向かって次のように述べています。


 私は最近、京セラ社内で闘争心が希薄になってきているのではないかと危惧しています。目標に向かってなりふり構わず突き進んでいくガッツが失われてきているように思います。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2045文字 / 全文2910文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「稲盛和夫の経営12カ条」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』

 稲盛和夫氏を師と仰ぐ経営者たちは、どのように稲盛氏の教えを学び、実践してきたのか。「経営者とはどんな人間であるべきか」という根源的な問いへの答えが、稲盛氏と、その門下生たちの言葉から見えてくる。

 稲盛氏の「究極のリーダーシップ論」を実例とともに解き明かした1冊が、お求めやすい文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』(日経トップリーダー編、日経ビジネス人文庫)になって新登場。