2022年8月に逝去した京セラ創業者の稲盛和夫氏。「どうすれば会社経営がうまくいくのか」という経営の原理原則をまとめた「経営12カ条」を自身の言葉で解説する書籍の発行準備を進めていた。同書の内容を基に、稲盛経営の集大成ともいうべき12の経営の原理原則を一つずつ紹介していく本連載。今回は第4条「誰にも負けない努力をする」。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 経営において一番大事なことは、トップや経営幹部たちが「誰にも負けない努力」をしていることです。それで会社経営が決まる、と言ってもいいくらいだと思います。

 景気が悪くなったときでも愚痴をこぼさず、必死に努力をしている経営者たちがいます。普通ならこんなに景気が悪くなったのだからと愚痴をこぼしたり、不平を鳴らしたりするのでしょうが、「それでも何とかしなければならない」と必死に努力している会社もあります。そういう会社は、非常に堅実な経営をしており、少しくらいの不況がきてもびくともしません。

 また、伝記を読むとわかりますが、偉大な発明や発見をした人たちは皆、長期間にわたって地味な仕事を一歩一歩続けてきた人たちばかりです。芸術家や一芸を極めた職人たちも皆そうです。

 地味で単純な仕事に生涯を通じて打ち込んでいる人が立派な人になっていく。つまり、誰にも負けない努力をすることが「平凡な人」を「非凡な人」に変えていくのです。

 私のように経営者としての才能もないかもしれない男が立派な経営者になるためにはどうしたらいいのか。どこにでもいそうな「平凡な人」を「非凡な人」に変えるのは、弛まぬ努力の積み重ねです。生涯を通じてそういう努力をしてきた人が、名人や達人と言われるようになるのです。

 そのことに気づいてから私は、誰にも負けない努力を厭わずにできるようになり、今日も続けています。

 私の場合は努力を続けるしかなかったので、ずっとそうしてきましたが、後になって気づいたこともあります。それは、地味な仕事を熱心にしているうちに仕事が好きになっていたことです。

 それからは、朝早くから夜遅くまで、寸暇を惜しんで仕事をしました。はたから見れば、「なんであんなに仕事をするのだろう」とかわいそうに思うくらいに努力していたと思います。しかし、仕事を好きになり、惚れていました。仕事に惚れてしまったからこそ私は、今日までずっと走り続けることができたのだと思います。

次ページ 努力と能力ではどちらが重要か