2022年8月に逝去した京セラ創業者の稲盛和夫氏。「どうすれば会社経営がうまくいくのか」という経営の原理原則をまとめた「経営12カ条」を自身の言葉で解説する書籍の発行準備を進めていた。同書の内容を基に、稲盛経営の集大成ともいうべき12の経営の原理原則を一つずつ紹介していく。今回は第2条「具体的な目標を立てる」。

(写真:PIXTA)
(写真:PIXTA)

 思い返せば私自身、京セラをファインセラミックスの部品メーカーとして創業したものの、いまだ零細企業で先行きなどまったく見通せなかったころから、ビジョンや目標を高く掲げ、夢を語り続けてきました。

 「われわれのファインセラミックスは日本、いや世界のエレクトロニクス産業が大きく発展していくために不可欠なものになるだろう。われわれの製品を世界中に供給していこうではないか。

 いまはちっぽけな町工場でしかないが、この会社をまずは町内一番、つまり原町で一番の会社にしよう。原町一になったら中京区一を目指そう。中京区一になったら京都一を目指そう。京都一になったら日本一を目指そう。日本一になったら世界一を目指そう」

 まだ間借りの社屋で、従業員はわずか数十人、売上も年間1億円に満たない零細企業のときから私は、「日本一、世界一の企業になっていこう!」と気宇壮大(きうそうだい)なビジョンをことあるごとに従業員たちに話していたのです。

 しかし、実際には、最寄りの市電の駅から京セラに来るまでのわずかな距離に、京都機械工具というスパナやレンチなどの車載工具のメーカーがありました。自動車産業の勃興に呼応して当時は活況を呈していた会社です。

 それに対して京セラは、木造の倉庫を借りて何とか操業を始めたという、できたばかりの零細企業です。ですから「町内で一番になろう」と言っても、従業員たちは「会社に来るまでに前を通る、あの機械工具の会社より大きくなるはずがない」という顔をして聞いていました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1565文字 / 全文2371文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「稲盛和夫の経営12カ条」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』

 稲盛和夫氏を師と仰ぐ経営者たちは、どのように稲盛氏の教えを学び、実践してきたのか。「経営者とはどんな人間であるべきか」という根源的な問いへの答えが、稲盛氏と、その門下生たちの言葉から見えてくる。

 稲盛氏の「究極のリーダーシップ論」を実例とともに解き明かした1冊が、お求めやすい文庫『経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち』(日経トップリーダー編、日経ビジネス人文庫)になって新登場。