2040年に新車をすべて電気自動車(EV)または燃料電池車(FCV)にすると宣言したホンダ。車の開発現場では、これからのホンダの成長を担うEVの開発に技術陣が悪戦苦闘している。“売れるEV”とはどんなものなのか。その答えを探る過程で、時にはこれまでの車づくりの「常識」とぶつかることも。人も組織も変わることが求められている。

■連載ラインアップ
(1)ホンダの決断 ソニーとEV連合、激動の時代へ変革急ぐ
(2)ホンダ三部社長、ソニーとのEV新会社「テスラと十分に戦える」
(3)孤高では生き抜けないEV大競争 ホンダが選んだ「現実主義」
(4)もがくホンダ技術陣、EV開発でぶつかった「思い込み」「経験」の壁
(5)電動二輪車でも反撃へ 王者ホンダ、牙城死守へ新たな「生態系」
(6)「F1より難しい」 ホンダが「空飛ぶクルマ」で目指す真の革新者
(7)ホンダ、盟友GMがつないだLGとの縁 北米でEV電池を合弁生産
(8)稼げなくなったホンダの四輪車 拡大戦略のツケを払った八郷改革
(9)宗一郎がホンダに残した道しるべ 車ではなく、未来をつくる

生産ラインを流れるホンダの中国向けEV「e:N(イーエヌ)S1」。2022年春、ホンダは中国向けにEVの「e:N(イーエヌ)」シリーズを立ち上げた
生産ラインを流れるホンダの中国向けEV「e:N(イーエヌ)S1」。2022年春、ホンダは中国向けにEVの「e:N(イーエヌ)」シリーズを立ち上げた

 中国南部の広東省広州市にあるホンダの研究開発(R&D)拠点、本田技研科技。中国市場向けの四輪車開発を担うこの場所で、エンジニアたちは頭を悩ませていた。

 彼らのミッションは、「ホンダ」ブランドとして初めて中国で発売する新型EVを開発すること。2018年に開発責任者(LPL)に就任した三谷哲也氏が主導し、どんな車をつくるべきか、そのコンセプトを決めるために知恵を絞っていた。

 初めに定めたグランドコンセプトは「宇宙感EV」だ。開発チームのメンバーにEVのイメージを問い「やっぱり宇宙だ」という答えが返ってきたことが起点となった。先進的で未来的な先端知能を有した車。音のしない静粛性はゼログラビティー(無重力空間)を想起させる。そんな発想で未来の車を考え始めた。

 「EVとして何ができるか」
 「EVには何が求められるか」

 開発の序盤、エンジニアたちは「EV」という2文字に鼻息を荒くしていた。主だった自動車メーカーの中で最後発に近いホンダが出すEVが並大抵のものではいけないという焦燥感もあった。

 「最新鋭の未来的な乗り物をつくらないといけない」「高度な技術・機能をふんだんに盛り込まねばならない」――。中国の地場新興メーカーが相次いで新型EVを発表するのを横目に、三谷氏らはいつしかそんな考えに縛られていたのだろう。

 やる気が空回りし、開発は壁に突き当たった。そんな中、現地トップの井上勝史常務執行役員中国本部長が「自分たちの車作りをしよう」と投げかけたことをきっかけに、先進知能化や技術の競争ではなく、地に足付いた開発を進めなければと立ち返った。

 新たに練り上げたコンセプトは「心動 未体験EV」。人の心を動かすEVをつくると軌道修正したことで、開発は再び動き出した。中心を担ったのは現地で採用された中国人エンジニアたち。制御技術や基盤技術の開発、車両評価などは日本で行うが、設定や仕様、搭載する機能は現地スタッフが答えを出していった。

最大の敵はクルマづくりの「経験値」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2473文字 / 全文3795文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ホンダの決断」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。