これから電気自動車(EV)競争に本格参戦するホンダ。年間の世界販売が407万台(2022年3月期)と世界の自動車メーカーの中で中規模の同社が「1000万台クラブ」のトヨタ自動車や独フォルクスワーゲン(VW)と同じ土俵に上がるのは容易ではない。規模のハンディーを他社とのアライアンス(提携)で補いつつ、次世代電池など最先端技術の開発では一歩も引かない。堅実さと意地の戦略で巨人たちに食らいつく。

■連載ラインアップ
(1)ホンダの決断 ソニーとEV連合、激動の時代へ変革急ぐ
(2)ホンダ三部社長、ソニーとのEV新会社「テスラと十分に戦える」
(3)孤高では生き抜けないEV大競争 ホンダが選んだ「現実主義」
(4)もがくホンダ技術陣、EV開発でぶつかった「思い込み」「経験」の壁
(5)電動二輪車でも反撃へ 王者ホンダ、牙城死守へ新たな「生態系」
(6)「F1より難しい」 ホンダが「空飛ぶクルマ」で目指す真の革新者
(7)ホンダ、盟友GMがつないだLGとの縁 北米でEV電池を合弁生産
(8)稼げなくなったホンダの四輪車 拡大戦略のツケを払った八郷改革
(9)宗一郎がホンダに残した道しるべ 車ではなく、未来をつくる

 「2階に上げて、はしごを外す」

 ホンダの開発現場でよく聞こえてくるフレーズだ。厳しい環境や後戻りできない状況に技術陣をあえて追い込み、極限の状態で知恵を絞らせる。苦しい場面に発揮される個人の力を信じる文化が、社内には今も根強く残っている。

 「社外の人から見れば、『2階じゃなくて10階だろ』と思うかもしれません」。こう話すのは、ホンダの研究開発(R&D)子会社、本田技術研究所で全固体電池の開発を率いる梅津健太氏だ。将来の電気自動車(EV)向け電池の本命と目されている全固体電池。EV競争の行方を左右する先端技術を巡り、ホンダも自主開発に力を注ぐが、そう簡単にゴールまでたどりつけるものではない。

本田技術研究所(栃木県芳賀町)では、ホンダがEVへの搭載を目指す全固体電池の研究開発が進む(写真:的野弘路)
本田技術研究所(栃木県芳賀町)では、ホンダがEVへの搭載を目指す全固体電池の研究開発が進む(写真:的野弘路)

 栃木県芳賀町にある本田技術研究所(栃木)。ある研究棟の一角で、ツンとした匂いが立ち込める中、白衣に身を包んだ研究者が材料の調合を試している。四輪車や二輪車を設計する自動車メーカーの雰囲気ではなく、まるで化学メーカーの研究室のようだ。

 ここで開発しているのが全固体電池だ。現在EVで主流となっている液体リチウムイオン電池に比べ、充電1回当たりの航続距離を伸ばせる一方、充電時間を短縮でき、安全性も高くなる。電池価格の大幅な低減にもつながる技術と期待され、自動車大手が開発競争でしのぎを削る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3721文字 / 全文4795文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ホンダの決断」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。