日本の大手自動車メーカーとして初の「脱ガソリン宣言」、宇宙ビジネスへの挑戦、そして電気自動車(EV)でのソニーグループとの提携――。2021年4月の就任以来、ホンダの三部敏宏社長は矢継ぎ早に大胆な改革を打ち出してきた。今をホンダにとっての「第2の創業期」と呼んで社員を鼓舞する背景には「ここで変わらなければホンダはなくなる」というほどの危機感がある。ホンダが進む道を三部氏に語ってもらった。

■連載ラインアップ
(1)ホンダの決断 ソニーとEV連合、激動の時代へ変革急ぐ
(2)ホンダ三部社長、ソニーとのEV新会社「テスラと十分に戦える」
(3)孤高では生き抜けないEV大競争 ホンダが選んだ「現実主義」
(4)もがくホンダ技術陣、EV開発でぶつかった「思い込み」「経験」の壁
(5)電動二輪車でも反撃へ 王者ホンダ、牙城死守へ新たな「生態系」
(6)「F1より難しい」 ホンダが「空飛ぶクルマ」で目指す真の革新者
(7)ホンダ、盟友GMがつないだLGとの縁 北米でEV電池を合弁生産
(8)稼げなくなったホンダの四輪車 拡大戦略のツケを払った八郷改革
(9)宗一郎がホンダに残した道しるべ 車ではなく、未来をつくる

三部敏宏(みべ・としひろ)氏
三部敏宏(みべ・としひろ)氏
1961年生まれ、87年広島大学大学院工学研究科修了、ホンダ入社。2014年執行役員、16年本田技術研究所取締役専務執行役員、18年ホンダ常務執行役員兼本田技術研究所取締役副社長、19年本田技術研究所社長、20年ホンダ専務取締役、21年4月から現職。大阪府出身(写真:的野弘路)

電気自動車(EV)事業で、ソニーグループとの提携を決めました。改めて、この提携に至る経緯や狙いを教えてください。

三部敏宏ホンダ社長(以下、三部氏):ガソリン車からEVに変わると、ただエンジンを降ろしてバッテリーとモーターを積み込むだけではなく、車の価値そのものが変わっていくと思います。数年前からそう考えて、ホンダの中でも色々やってきたのですが、なかなか自動車会社の域を出ない、想定を超える面白い話があまり出てこないな、と思うところがありました。

 そのころ、世の中では異業種の組み合わせで新しい価値を生むという話が一般的になっていました。そこで、自動車会社じゃないところと組むことによって、殻が破れるかもねという話が出てきたわけです。

 「異業種の組み合わせがいい結果を生む」ということについて、日本の産業全体にとっても良い事例にしたいという思いもありました。その中で、一番インパクトがあるのはソニーさんだなと思い、「まずはスタディー(ワークショップ)をしてみましょう」と当社から声をかけました。

 両社の若手を中心にワークショップをしてみたところ、数カ月後に「面白いものができそうです」と報告が上がってきた。そういうことなら、と吉田さん(ソニーグループの吉田憲一郎会長兼社長)とお会いすることになりました。先ほど言ったように、ホンダかソニーという個社の話だけではなくて、日本の産業全体に新しい流れを生み出せればな、という話もしました。それで、「じゃあ、やりましょうか」と。そこからは速かったですよ。

EV分野でのソニーグループとの提携を発表し、同社の吉田憲一郎会長兼社長(左)と握手する三部氏(3月4日、写真:小林淳)
EV分野でのソニーグループとの提携を発表し、同社の吉田憲一郎会長兼社長(左)と握手する三部氏(3月4日、写真:小林淳)

 25年の発売まで時間も少ししかないですが、今まさに一生懸命取り組んでいます。実際の中身は、買った後から進化するような車にするつもりです。ギリギリまで入れられるものは入れて、間に合わないものは後から車に入れる。立ち上がりよりも、どんどん価値が上がっていく、という「後から進化」が可能になるハード構成にします。今の我々のビジネスモデルとは全く違うものになるので、まずはしがらみのない新会社から始めていこうというわけです。

ホンダでもソニーでもない存在

共同出資で設立する新会社ソニー・ホンダモビリティは、親会社のホンダとは全く別の存在になると伺いました。どんなイメージの会社になるのでしょうか。

三部氏:一時的なイベントとして会社をつくったわけではなく、ちゃんと自動車会社として独立して生きていける存在を目指すべきだと思っています。そういった意味で言えば、例えば生産をホンダでやる必要も別にない。最初は間に合わないので当然ホンダでつくりますが、その次は新会社にとって一番メリットのあるところでつくればいいでしょうし。

 一切の縛りはなしにして、あらゆる可能性を阻害しないように会社をつくろうとしています。新会社の社員が、やる気を持って「成功させてやるぞ」と思えるように、給与体系なども含めて、まさに今検討中です。役員クラスは、基本的には出向ではなく転籍です。帰り道を無しにしないと、やる気が出ないじゃないですか。

 だから、ソニーでもホンダでもない存在です。本当は、僕はソニー・ホンダモビリティなんて、両社の影が見え隠れする名前は嫌だったんですけどね。(関係者の間では)社名も、途中で変えるかもしれない、という話もしているようです。

次ページ 「脱ガソリン」、逆算で目標設定