歩むキャリアが回り道だと思うのは、経営トップというゴールを見据えているからでもある。そんな出世街道からはずれ、自らの興味の赴くまま収益機会を求め脇道をひた走る「はぐれ者」が新たな市場を切り開く。川崎重工業社長CEO(最高経営責任者)の橋本康彦や帝人の社長CEOである内川哲茂は、その道筋で異端の流儀を身にまとい、経営トップへと上りつめた。

■特集のラインアップ
異端児に託す JR西、新事業の旗手はくすぶる若手集団
損保ジャパンが自動運転向け保険開発、支えた異端児の執念
「空調機には興味ない」 ダイキンで電力会社を興した反骨の技術者
「私を部長から降ろしてください」住友ゴム技術者、57歳からの挑戦
あえてスローな乗り物で街を元気に、関電の異端エリートが見る風景
NTT東でトマトやレタスを栽培 “左遷”が鍛えた肌感覚
前例踏襲の上司に盾突き、事業費を20億円減らした地方公務員
地銀の「逆張り」デジタルバンク、生み出したふくおかFGの異端児
一度はボツも再提案で実現 ぶどう栽培に挑む三井不動産社員の執念
始まりは飲み会 公務員5000人をつなぐ異色官僚が描く未来図
ピーチ生みの親はANAトップへ アウトロー社長、その成長物語
・川崎重工、帝人…上り詰めた傍流社長が体得した「異端の流儀」(今回)
・京都信用金庫 おせっかいバンカー育む企業風土改革
・パナソニックコネクト樋口社長「嫌だった社風、一つひとつ潰す」
・KADOKAWA夏野社長「改革目指す1割の社員 周囲は邪魔せず応援せよ」

川崎重工業社長CEOの橋本康彦は「傍流だからこそ自由闊達に研究できた」と振り返る(写真:竹井俊晴)
川崎重工業社長CEOの橋本康彦は「傍流だからこそ自由闊達に研究できた」と振り返る(写真:竹井俊晴)

 「ロボットをやりたい」。川崎重工社長CEOの橋本康彦は、青雲の志を抱いて1981年に同社の門をたたいた。配属されたのは油圧機械事業部。ロボットはその1組織にすぎず、川重においては「傍流中の傍流」だった。

 「東大出身やのに(同社本流の)航空でも造船でもなくロボットやりたいんか」。先輩からちょっと変わった目で見られたが、「居心地はよかった」(橋本)

 というのも、花形部門と違い目立たず小さな所帯ゆえに、皆が自分のやりたい研究開発をこつこつとやれたからだ。「ロボットは甘ちゃんやな」。組織で動く他部門からは冷ややかに見られていたが、意に介さなかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3093文字 / 全文4031文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「会社を変える異端児たち」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。