航続距離や充電インフラ、車両コストなど、本格普及には様々な課題が指摘されてきた電気自動車(EV)。しかし今、消費者の現実的な選択肢となり、ガソリン価格高騰でその流れは加速している。果たしてこれは、一部の国・消費者だけの動きなのか。それとも世界的な潮流か。日本では慎重論も根強いEVシフトがどこまで進んでいるのか。今回はEVをテコに自動車産業のゲームチェンジを狙う中国の消費者に聞いた。

■今後のラインアップ
1. 世界はなぜEVを選ぶのか 補助金・燃料高で「安い」?
2. 「日本車に候補なかった」 中国、テスラオーナーの本音(今回)
3. 米国、「テスラ効果」新興勢へ 日本、軽EVは市場を変えるか
4. 独SAPは社用車をEVシフト 脱炭素で企業が「まとめ買い」
5. フォードの決断 EV大量生産へ攻めの巨額投資
6. 電池再利用という金脈 ノースボルト、レッドウッドの狙い

 中国・上海市在住の胡静躍さんは、大の日本車びいき。自動車整備工、運転手、ハイヤー会社の経営と65歳の今までずっとクルマに関わる仕事をしてきた。修理や改造はお手の物で「日本のメーカーの技術力は高く、デザインもよい」と語る。今乗っているのはトヨタ自動車のカローラだ。

中国・上海市在住の胡静躍さんは日本車から米テスラの「モデルY」に乗り換える
中国・上海市在住の胡静躍さんは日本車から米テスラの「モデルY」に乗り換える

 そんな胡さんが次のクルマに選んだのは米テスラの多目的スポーツ車(SUV)「モデルY」。「残念ながら今は日本メーカーにはいい候補がなかった」と語る。車体も座席シートもフロアマットもお気に入りの白で統一。納車予定の12月を指折り数えて待つ日々だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2058文字 / 全文2715文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界はなぜEVを選ぶのか」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。